映画人を育てる「超実践的」ワークショップ
logo
映画人を育てる「超実践的」ワークショップ
logo

CiNEASTのワークショップ

CiNEAST(シネアスト)は、東京都内でワークショップを開催し、新しい才能の発掘と育成を進めています。私たちが目指すのは映画や演劇のスクールではありません。様々な個性が集うことで新しい映画が生まれる場所、映画監督や俳優が自由な表現を追求する実験場です。舞台演劇、映画、テレビドラマを問わず、求められることは同じです。映画製作や演技(演劇・芝居)のワークショップで、現場で求められる本当に必要なノウハウを身につけることができます。有名映画・演劇スクールや他のワークショップでは学べない、実践的で効果のある方法だけを、映画監督・脚本家である講師が初心者の方にも分かりやすくお伝えします。 

difference
 

他のワークショップとここが違います!

  •  現場で本当に必要なことだけを短期間で教える「実践的な内容」!
  •  感覚的な説明を排した「論理的なアプローチ」。わかりやすくて腑に落ちると評判!
  •  映画製作を行っているため、「映画出演のチャンスも!」今が旬の映画監督もゲストとして参加!

実践的な内容

CiNEASTでは、実際の映画の現場で経験することが、何よりも有益だと考えています。少しでも早く現場に出るために、本当に必要なことだけにフォーカスして教えます。映画の現場を想定した課題を体験できるので、自信を持って現場にのぞむことができるようになります。どんな作品でも応用できる実践的なカリキュラムです。

論理的アプローチ

映画や演劇などの芸術分野では、感性に頼るところが多く、その場限りの感覚的な説明に終始するワークショップやスクールが多くあります。CiNEASTでは、どんな課題に対しても明確な根拠をはっきりと示すことで、参加者に「気づきの瞬間」をもたらす講義を行っています。心の底から理解したことは、一生使える武器となります。

映画出演のチャンス

CiNEASTではオリジナル映画の製作を行っているため、映画出演のチャンスに繋がります。さらに、「フィルムアクターズラボ・アドバンス」では、一線で活躍する様々な映画監督がゲストとして講義を行っているため、人脈も広がることでしょう。また、映画製作ワークショップ参加者の中で希望する方は、プロの現場に参加することもできます。

演技・演劇ワークショップ

演技体験ラボ

actor

演技初心者や演技ワークショップ受講を検討中の方におすすめの演技(演劇)体験講座。俳優は人から観られる職業でありながら、客観的に自分の演技を評価する機会が少ないと思います。監督の要求に応え、リアリティのある演技を実現するには、自分に足りないことを知ることが第一歩です。単発&低料金なので、演技(演劇)初心者の方や演技経験の少ない方におすすめ。ある程度演技経験のある方にとっては、自分の演技を見つめ直す良い機会になるはずです。短編映画の脚本を題材に、監督と一緒にシーンを作り上げる中で、俳優として必要なことや、自分の弱点を発見できる人気の単発ワークショップです。もっと詳しく

フィルムアクターズラボ

filmmaking

口コミで話題!映画俳優・女優を目指す人におすすめの演技(演劇)ワークショップ。役になりきり、監督から求められる俳優になる方法を伝授!演技(演劇)初心者歓迎!有名演劇スクールや芝居のワークショップなどでは教えてくれない、映画における「役作り」をここでしか学べない独自のアプローチで実践的に指導します。短期間で飛躍的に演技力を向上させることが可能です。映画において監督が俳優に求める準備、脚本の読み方、現場で必要なことを習得し、リアリティのある演技に変換する方法を習得。舞台演劇にも応用可能なノウハウ満載の少人数制演技(演劇)ワークショップです。もっと詳しく

FALアドバンス

audition

「フィルムアクターズラボ」修了者を対象とした常設型演技(演劇)ワークショップ「フィルムアクターズラボ・アドバンス」。
定期的な演技トレーニング機会や映像演技の経験を積む機会、キャスティングのチャンスに繋がる様々な映画監督と出会う機会などを、有名演劇スクールとは異なるアプローチで、演技(演劇)の基礎を学んだ俳優にとって本当に必要な環境を提供致します。俳優仲間や監督と切磋琢磨しながら、演技力を向上させ、次のステップを目指す俳優におすすめのワークショップです。 もっと詳しく

特別ワークショップ

オーディションラボ

actor

映画・テレビドラマ・舞台演劇のオーディションで選ばれるための必勝法!!
プロフィール書類、面接での質疑応答、演技審査……。そのすべてに通る理由と落ちる理由が存在します。オーディションで監督やプロデューサーから何を見られているのか、何を求められているのかを知ることで、最終選考まで残るための方法をお教えします。演劇スクールや演技・芝居のレッスンでは教えてもらえない、ここでしか学べない特別講座。これからオーディションを受ける人や、なかなか受からない方におすすめ。俳優が映画やドラマ、舞台演劇などのオーディションで監督に自分を最大限アピールし、役を得るための単発ワークショップです。もっと詳しく

プロフィールラボ

filmmaking

自分自身の魅力を最大限アピールするプロフィールを作成する単発ワークショップ。
これからオーディションを受ける方やオーディション対策を見直したい方におすすめ。俳優が映画やテレビドラマ、演劇の舞台などのオーディションにおいて役を掴むには、演技力より以前に、まず書類選考に通らなければなりません。プロによる写真撮影、ヘアメイク、書類のデザインに加えて、審査のプロの目線から内容面での実践的なアドバイスを行います。
「オーディションラボ」や演技(演劇)ワークショップ「フィルムアクターズラボ」と合わせての受講をおすすめします。現在、開催に向けて準備中です!

俳優のためのシナリオラボ

audition

脚本を知って演技に活かす、映画や舞台俳優・女優のための演技(演劇)ワークショップ。
オリジナルの短編脚本を書いたり、脚本にはないシーンを考えて書くことで、リアリティと厚みのあるキャラクターを創り出し、オーディションや役作り、本番の芝居、即興などに活かせるようになります。演技(演劇)初心者のみならず、演技経験のある方にもおすすめ。俳優が脚本の理解を深め、作品の中で自分が求められている役割を知り、監督に自分なりのアイデアを提示できるようになります。監督のイメージを越えた、個性的でリアリティのあるキャラクターを演じるためのワークショップです。もっと詳しく

映画製作ワークショップ

フィルムメイキングラボ

actor

映画監督になりたい、映画を作りたい人のためのワークショップ。
インディペンデント映画の作り方、監督になる方法を伝授!初心者におすすめ!準備や段取りの実際は、プロの作品づくりに参加することでしか得られません。短編映画を製作・監督することを念頭に、企画立案から脚本、予算編成、準備、撮影、現場での演出、編集など完成までの道のりをシミュレートするとともに、映画を作った後にどう展開するべきか、そして次の監督作品を作り続けるノウハウまでお教えします。映画プロデュースのすべてを短期間で学べる、貴重な情報満載のワークショップです。もっと詳しく

ショートフィルムラボ

filmmaking

「フィルムメイキングラボ」修了者を対象とした映画製作(監督)ワークショップ。
8週間で、短編映画づくりの全てを実践形式で体験し、映画監督デビュー!オリジナルの脚本を書き、プロの機材を使ってプロのスタッフと一緒に撮影&監督し、パソコンで編集して短編映画を完成させます。参加者全員が自分の映画企画を製作し、監督する実践的ワークショップです。プロの監修のもとでハイクオリティな映画を作りたい方におすすめ。あなただけのオリジナルショートムービーを監督しましょう!もっと詳しく 

講師プロフィール

園田 新/SHIN SONODA

映画作家/Filmmaker


立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品「Wiz/Out」が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年「記憶代理人」審査員奨励賞、2011年「リアルファミリー」グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、新作長編映画「リバースダイアリー」を製作。

 
映画製作事業の
ホームページはコチラ

 
 
 
 
shin sonoda