kesenaikioku

About

 

前作「リバースダイアリー」が話題となった映画作家・園田新が自身のオリジナル企画「記憶代理人」を映画化!
クラウドファンディング・サポーター募集中!

「破天荒な力技を期待させる意欲作!」
荒俣宏氏(作家)

「他人の記憶を代理記憶し、送り届ける設定は大変面白い」
林海象氏(映画監督)

「まだまだ格段に面白くなる、映像化が期待される作品!」
加藤正人氏(脚本家)

函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞 審査員総評より

映画作家・園田新による本作の原案となる企画「記憶代理人」が、2008年にスキップシティ主催の企画コンペにて選出され、パイロット版を制作。2009年に脚本化し、函館港イルミナシオン映画祭にて、映画化への期待を込めた審査員奨励賞を受賞。その後、多数の映画化のオファーが届くも、映画化には至らなかった。
園田は10年以上に渡って脚本改訂を続け、当初の企画コンセプトは踏襲しながらも、全く新しい物語として映画「消せない記憶」の脚本を完成させた。
2021年5月より本格的な制作を開始し、出演者は広く公募オーディションにて選抜。2021年秋に撮影、年内に完成、2022年の映画祭出品と劇場公開を目指している。
 
5月14日より全国規模で行われたオーディションでは、1000名を超える応募の中から出演者を選抜。
W主演として、路上ミュージシャン・神崎優衣 役には、NHKドラマ「きれいのくに」などが話題となり、ドラマ・映画・MV・CMと幅広く活躍中の見上愛。
舞台俳優・西潤一役には、第1回「NEW CINEMA PROJECT」俳優部門にてグランプリを受賞、映画「五億円のじんせい」で俳優デビューを果たし、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」をはじめ、ドラマ「ブラックシンデレラ」「DIVE!!」など作品が続く、若手注目株の兵頭功海がつとめる。
劇中歌および劇伴音楽をLucid And The Flowersの中里正幸が書き下ろす。
 

Story

路上ミュージシャン・神崎優衣と舞台俳優・西潤一は路上パフォーマンスを通じて出会い、惹かれ合う。二人の交際は順調に進んでいるかに思えたが、次第に西の様子がおかしくなり、失踪する。西の行方を探して二年が過ぎたある日、優衣は「西の記憶を預かっている」との手紙を受け取る。"記憶の上映会"を訪れた優衣は、西が抱えていた秘密を知る。

CAST & STAFF

【キャスト】
神崎優衣(路上ミュージシャン):見上愛
西潤一(舞台俳優):兵頭功海
 
雨宮翠(プロデューサー):山本亜依
記憶代理人:八木拓海
丸山泉(花屋店長):山形美智子
濱田学(宅配ドライバー):志波景介
内藤聡(医師):光徳瞬
三枝奈緒(花屋の店員):白石優愛
矢島浩樹(花屋の店員):篠田諒
宮沢速雄(舞台演出家):みやたに
坂東宏(西の上司):高川裕也
是清監督(舞台演出家):関幸治
篠原恭子(施設職員):秋田ようこ
 
その他の出演者(登場順 ※予定):
ゆかわたかし、古谷蓮、清水杏樹、江田來花、垣内健吾、佐々木ありさ、丸林孝太郎、元松あかね、髙橋祐美、西尾茉侑、本山勇賢、田村陸、岩永達也、早川みゆき、高尾美有、細川佳央、山下ケイジ、田中栄吾、オカモトジョージ、辻夏樹、三月達也、松木大輔、宇田川宰、鶴田翔 ほか
 
【スタッフ】
製作・脚本・監督・編集:園田新
共同プロデューサー:小島英雄
撮影監督:萩原脩
照明:堅木直之
録音:岡本洋平
美術:野中茂樹
ヘアメイク:atelier ism
スタイリスト:RYUSEI MORI
スチル:増田彩来
音楽:中里正幸(Lucid And The Flowers)
ティザーイメージイラスト:山口真理子
制作プロダクション:CiNEAST
shinsonoda

Director

園田 新|SHIN SONODA

立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品「Wiz/Out」が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年「記憶代理人」審査員奨励賞、2011年「リアルファミリー」グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、長編映画「リバースダイアリー」を製作。国内外20を超える映画祭に招待され、最優秀作品賞を含む11の賞を獲得。2021年、長編映画「やり残したことがあるくらいが丁度良い」を製作。現在、新作長編映画「消せない記憶」を製作中。

Filmography

フィルモグラフィー

2021

やり残したことがあるくらいが丁度良い / 60min / 製作、監督、編集

2020

DISTANCE / 22min / 製作、脚本、監督、編集

2017

リバースダイアリー / 99min / 製作、脚本、監督、編集 / ユーロスペースほか全国劇場公開

2016

DEPARTURE / 17min / 製作、脚本、監督、編集

2013

BLACK MIRROR / 14min / 共同監督 / 釜山国際映画祭にて上映

2010

ネムリバ / 85min / 監督 / ユナイテッド・シネマ埼玉5劇場にて劇場公開

2007

Wiz/Out / 120min / 製作、脚本、監督、編集 / ユーロスペースにて劇場公開

2002

LOVE SQUARE / 30min / 製作、脚本、監督、編集

2000

Private Eyes /10 min / 製作、脚本、監督、編集

Screenplay

脚本

2017

私の頭の中のパクドル / 新宿バルト9ほかにて全国劇場公開
君の瞳に花束を / 新宿バルト9ほかにて全国劇場公開
僕らのライブ大事件 / 新宿バルト9ほかにて全国劇場公開

2011

リアルファミリー / 函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞 グランプリ

2009

記憶代理人 / 函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞 審査員奨励賞

Award

受賞

DISTANCE

サンルイスオビスポ国際映画祭 / 正式招待
NewFilmmaker New York / 正式招待
Big Apple Film Festival / 正式招待
 

リバースダイアリー

SNOWDANCEインディペンデント映画祭 / 最優秀作品賞
ロンドンフィルムアワード / 最優秀作品賞(長編部門)
カンザス国際映画祭 / 観客賞
SOMA映画祭(アメリカ) / 最優秀脚本賞
メディタリアン映画祭(フランス) / 審査員特別賞
インターナショナル・インディペンデントフィルムアワード(アメリカ)
ヒューストン国際映画祭(アメリカ) / シルバーアワード
バルセロナ国際映画祭(スペイン) / カステルアワード
 

DEPARTURE

山形国際ムービーフェスティバル /村川透監督賞、最優秀俳優賞
オイド短編映画祭 / 作品賞
 

リアルファミリー

函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞 / グランプリ
 

記憶代理人

函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞 / 審査員奨励賞