rd_main
rd_logo
london
soma
canne
iifa
aiff
utah
nice
wfh
barcelona
kansas
sac
bahama
lone

Comment

「どれほど悔やんでも、過去を変えることはできない。
 もう一度生き直すこともできない。
 いや、もしかすると私たちは、過去を今まさに起きていることとして、
 新しい日として、常に生き直しているのかもしれない。
 そんな感覚が湧き上がった」
 諏訪敦彦(映画監督)


「物陰から盗み見るような視線に、不穏な気配が忍び寄り、
 加速度のついたストーリー展開に、思わず引き込まれる。」
 中野正貴(写真家)

絶滅したかと思われたオリジナルストーリーで
 予想外の展開にワクワクしながら最後まで観れたことが嬉しい。」
 伊藤彬彦(androp)

「スクリーンから迸る情熱に
 『生きる』とは、いくつもの奇跡が折り重なったドラマなのだと
 改めて気づかされた。」
 岩代太郎(作曲家)

「枯れかけた植物の皮をはいでいくような、
 辛くて痛くてやさしい疾走感。引き込まれました。」
 寺村サチコ(テキスタイルアーティスト)

「静かに、甘く、切なく、残酷に張り巡らされた、二重、三重の罠。
 アナタの真実の声はドコにあるの?
 ワタシの偽りの瞳はナニを映すの?
…………
 素で、やられました。笑
 とても面白かったです。」
 加藤正人(ゲームクリエイター)

Instagram

About

ロンドンフィルムアワード最優秀作品賞(長編部門)ほか、海外映画祭6冠!
視点とともに感情が激変する、予測不能のサスペンス・ラヴストーリーに世界中が絶賛!!

映画作家・園田新が「Wiz/Out」(2007年公開)以来となる、自身のオリジナル脚本を映画化。監督みずから製作全般を兼務し、自己資金とクラウドファンドによって完成させた、インディペンデントスピリット溢れる自主制作映画である。低予算ながら商業映画と遜色ないクオリティを目指し、約3ヶ月間に渡るワークショップ形式での役作りや、4K画質での撮影、編集を行った。
撮影監督には、「CSIマイアミ」「リベンジ」など大ヒット海外ドラマのカメラマンとしてハリウッドで活躍するトム・シュナイトを迎え、既存の日本映画とは異なる無国籍な映像世界を創り出している。また、社会現象となったテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」など多くのドラマや映画の劇伴を手掛ける末廣健一郎が音楽監督として参加し、映像と一体となったサウンドトラックに仕上がっている。
愛を求めるがゆえに、どうしようもない衝動に突き動かされる登場人物たちの感情が複雑に絡み合うストーリー。視点の変化とともに映画のジャンルは、ラブストーリーからサスペンスに変化し、やがてスリラーにまで変貌する。日記をめくるように過去と現在を行き来し、ジャンルの枠を超えながら進む、映画でしか表現できない映画体験を追求した作品である。

Story

小説家を志すもゴーストライターをしている白石理人が、少し風変わりな女優志望の女性、本田沙紀と出会う。白石は彼女の日記から、その出会いが偶然ではなかったことを知る。ある出来事によって結び付けられた2人はやがて、互いに影響を与え合いながら、偽りなき自分と向き合い始める……。

Director

園田 新 / SHIN SONODA


立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品「Wiz/Out」が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年「記憶代理人」審査員奨励賞、2011年「リアルファミリー」グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、新作長編映画「リバースダイアリー」を製作。同作は現在までに国内外20を超える映画祭に招待され、最優秀作品賞、最優秀脚本賞を含む10の賞を獲得。
 
映画製作事業のホームページはコチラ
https://www.cineast.jp

    
 
 
shin sonoda

Cast

ogawa

小川ゲン / 白石理人 役

埼玉県出身。2009年、青山学院大学在学中に俳優活動を開始。映像、舞台の他、ナレーションや吹替えなど活動の幅は広い。
【主な出演作】 
 「ヴァニタス」(監督:内山拓也)
 「うつろいの標本箱」(監督:鶴岡慧子)
 「KILLER TUNE RADIO」(監督:柴野太朗)

arai

新井郁 / 本田沙紀 役

1988年生まれ愛知県出身。映画、ドラマ、MV、舞台など多方面で女優として活動を続ける。
【主な出演作】
「湯を沸かすほどの熱い愛」(監督:中野量太)
「退屈な日々にさようならを」(監督:今泉力哉)
「枝葉のこと」(監督:二ノ宮隆太郎)
「新宿スワンⅡ」「東京ヴァンパイアホテル映画版」(監督:園子温)

ono

小野まりえ / 本田綾 役

2002年NHK大河ドラマ「利家とまつ」てる役でデビュー。
04年熊切和嘉監督作品「爛れた家」で映画初主演。現在「ユーキャン」「小林製薬キュアレア」CMに出演中。
【主な出演作】
「転生」(監督:元木隆史)主演
「USB」(監督:奥秀太郎)
「ネムリバ」(監督:園田新)主演
「正しく忘れる」(監督:井上真行)主演 

akazome

赤染萌 / 市川健吾 役

京都造形芸術大学映画学科映画俳優コース出身。
在学時に主演・出演した「魚肉カレー」「QULOCO」の2作品が2010年函館港イルミナシオン映画祭で林海象セレクションとして上映。卒業後は上京し俳優として活動中。
【主な出演作】
「彌勒 MIROKU」(監督:林海象)
「正しく生きる」(監督:福岡芳穂)
「若者よ」(監督:鈴木太一)
「うつろいの標本箱」(監督:鶴岡慧子)
「ろくでなし」(監督:奥田庸介)

hirabuki

平吹正名 / 桐島直哉 役

東京都出身。東京造形大学卒業。映像を中心に活動。 出演作品「いさなとり」はPFF2015を皮切りに海外の国際映画祭で招待を受ける。 
【主な出演作】
「愛の剥きだし」(監督:園子温)
「容疑者Xの献身」(監督:西谷弘)
「Voyage」(監督:池田将)
「shadows」(監督:羽生敏博)
「グッド・アフタヌーン」(監督:山本英)

tsunashima

綱島恵里香 / 紺野美優 役

高校生の時、知人の紹介で読者モデルとなり、2011年公開の映画「僕たちは世界を変えることができない。」に出演。2012年以降は数々の舞台に出演するなど、女優活動に力を入れている。
【主な出演作】
「僕たちは世界を変えることができない。」(監督:深作健太)
「マリッジブルーの空」(監督:中泉裕矢)主演

Award

「London Film Awards」(イギリス)最優秀作品賞(長編部門)
「SOMA Film Festival」(アメリカ)最優秀脚本賞
「Kansas International Film Festival」(アメリカ)観客賞
「Mediterranean Film Festival 」(フランス)審査員特別賞
「International Independent Film Awards」(アメリカ)プラチナアワード
「WorldFest Houston International Film Festival」(アメリカ)シルバーアワー
「Barcelona International Film Festival」(スペイン)カステルアワード
「Asian International Film Festival」2nd Best Film
「Utah Film Festival」(アメリカ)正式招待
「Asian Film Festival of Dallas」(アメリカ)正式招待
「Nice International Film Festival」(フランス)正式招待
「Sacramento Film & Film Festival」(アメリカ)正式招待
「Lone Star Film Festival」(アメリカ)正式招待
「Bahamas International Film Festival」(バハマ)正式招待
「SNOWDANCE Independent Film Festival」(ドイツ)正式招待
「映像グランプリ」若獅子賞
「四万十映画祭」優秀賞
 
「新人監督映画祭」正式招待
「4K徳島国際映画祭」正式招待
「茅ヶ崎映画祭」正式招待

Theater


http://www.theater-seven.com/
上映時間:11/17(土)~23(金祝) 16:30
11/24(土)~30(金) 20:10

http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/
8/25(土)〜8/31(金) 公開終了しました。
eurospace_logo

http://www.eurospace.co.jp/
5/26(土)〜6/15(金) 公開終了しました。

Contact